週刊・ハルの知恵

Vol.14
今週のテーマ

「アジェンダは必須です」


2017/10/5

ハルでは、クライアントとの会議やお打ち合わせの際、アジェンダを作成するようにしています。その会議のゴールを明確化するため、何を話し合うのか簡単な項目を並べたものです。
議題をあらかじめ考えていくことで、頭の中が整理され、会議の舵をとることができます。

紙は、色紙を使うこともあります。同じクライアントで複数会議がある場合は、会議によって色分けをします。色紙のアジェンダは目立つので、他の資料と混ざらず、見比べながら進めることができます。また白い紙だけだと、ファイリングしてどんどん回数を重ねたときに、前の資料を探しづらいですが、色紙のアジェンダが一緒にファイリングされていれば、日付別に資料が見つけやすいという利点もあります。

ある社員は、ハルに入社してからアジェンダというものを初めて作り、クライアントとのお打ち合わせに持っていったところ、「こんなものを持ってきた方は初めてです!」と、驚かれたそうです。アジェンダを持っていくだけでも、打ち合わせに臨む姿勢への見方が大きく変わります。

社内の打ち合わせも例外ではありません。30分以上の内容になるときは、簡単なメモ書きでもいいので、アジェンダを用意することにしています。

アジェンダは、会議や打ち合わせの基本。その時間に臨む姿勢を表し、話し合いを導く大切なものなのです。(北川)

ニュース一覧へ戻る>>